嫌なことが続く理由と対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ嫌なことは連続しておきてしまうのか?

みなさんにも経験ありませんか?「なんでこんなに悪いことは連続して続いてしまうのか?」と。

私にももちろんあります。それはもう見事に集中して悪いことが。

たった2か月の間に、車で事故を起こし、警察に違反切符を切られてしまい、詐欺にだまされ、仕事はうまくいかない、、、

どうすればいいかわからず、思わず有名な占い師のところへ行ってしまいました。

それでも飽き足らず、なぜ嫌なことが重なるのかという理由と、対策を調べたのでよかったらご覧ください。

スポンサーリンク

①嫌なことのフラグを立ててしまっている

一度嫌なことがあって「あー嫌だなー」と思ってしまう自分を引きづり続けてしまうことで、嫌なことしか見えなくなってしまっている可能性があります。

例えば、町中で「赤いもの」を探そうとおもって歩いていると、赤いものばかりが目につきます。そしてこんなにも赤いものってあるんだなーと気づきます。

普段普通にしているときだと、そんな風に意識することはないはずです。

要するにそういう自分の意識が、自分に起こる出来事の良い悪いのジャッジを全部悪い方に変えてしまっているんですね。

いわゆる「引き寄せの法則」というやつですね。

②睡眠不足でネガティブになっている

睡眠が不足すると、経験としてどちらかというと楽しい気分になれませんよね。

そして慢性的に睡眠が不足している人は自分が睡眠不足であることすらわからなくなっている可能性があります。なので、8時間くらい頑張って時間を取って寝る努力をしましょう。

パソコンや携帯をいじらず、仕事も早めに切り上げてみましょう。

③食生活が身体をダメにしている

ジャンクフードや、インスタントばかり食べてはいませんか?

はっきりいってカロリーが高かろうが、エネルギーになるとは限りません。脳にはたくさんの栄養素が必要です。

なので、普段から外食であろうとできるかぎり野菜を多く摂る意識をもってください。身体は食べ物の栄養で動いています。その食事を適当にしていたらポジティブな気分になることはありません。

 

嫌なことが続くときの対策法

①具体的に嫌なことを書き出してみる

頭の中では同じ事柄が堂々巡りしていて、嫌なことが繰り返し何度もよぎっています。この状態だと100個くらい嫌なことがあるような錯覚をおぼえてしまい、より悪いことを引き寄せやすい状態です。なので全部書き出して、「嫌なことってこれだけしかないんだな」としっかり認識してください。この方法で頭が少しクリアーになります。

②自分はついてる、と声に出す

大きな声でなくてもいいです。とにかくツイテル、ツイテル、ツイテルと自分で刷り込んでください。ツイテル、と口に出すことで考えをシフトできる余地が生まれます。たとえば、「ツイテルってなにがだろう?あっ、そうかこの失敗で成長できたなー」などと変換できる可能性があるということです。

 

悪いことが続くときにやはり大事なのは、その最悪な時をいかに早く立て直すかであり、立て直すには自分の考えを良い方向にもっていくしか結局はありません。

③「目的思考」で考える

まずは前段から話しますね。

世界の三大心理学の権威といえば、「フロイト」「ユング」「アドラー」ですが、特にフロイトとアドラーは真反対な考え方なんです。

どこが反対なのかというとフロイトは「原因論」を説き、アドラーは「目的論」を説きました。そして、それらの思考法の意味は、ニートになった人を例をあげると、

 

「原因論」:過去の自分の上手くいかなかった点からして、自分は社会に不適合だから働かない

「目的論」:働かないために自分の欠点や嫌な思い出を持ち出している。

 

いかがでしょうか?真逆ですよね。

原因論で考えてしまう人は多いのではないでしょうか。しかし、原因論は原因を突き止めてそれで終わりです。

「自分はだめな部分があるからうまくいかない」ではいつまでも幸せにはなりません。

目的論にはトラウマという概念はありません。すべては未来の行動をするにあたって「どんな価値観で捉えているか」ということだけです。

目的論なら過去のことに捕らわれず、未来の行動を積極的に選択できます。

わかりにくいと思うので、例をほかにもいくつか挙げますね。

 

・「会社の上司が嫌な奴だから、仕事がうまくいかない」→

「仕事がうまくいかないことを自分の実力だと認めたくないから、嫌な上司のせいにしている」

 

・「自分は顔が悪いから、女の子にもてない」→

「女の子にもててしまったら、女の子をうまくエスコートしなくてはいけない。しかし、そんな自信はない。だからそれを避けるために、自分の顏が悪いということにしておこう」

 

などなどです。

自分の行動にはすべて目的がある。現状に満足していないなら、目的思考で「じゃあどうすればいいのか」を考えましょう。

そうすれば嫌なことが目につく考え方を根本から変換することができますよ(^^)/

しかし、今回のはなかなか一度では理解しにくい概念かと思いますので、下のベストセラーの書籍を一読することをお勧めします。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る