ヒューマンビートボックスを極めて世界のどこでも音楽演奏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒューマンビートボックスとは?

一時期ものすごい反響を呼んだハモネプのボイスパーカッションに代表されるような口だけで音楽を奏でたりするようなパフォーマンスです。

ハモネプみたいに音楽に特化したものもあれば最近ではもっといろんな音を奏でることができる人がいるようです。

例えばこんな感じとか!

 

ヒューマンビートボックスの種類

①シンセサイザー

②ドラム

③ベース

④トランペット

⑤ギター

などなどほかにも探せばありますよ。

スポンサーリンク

Youtubeでいろいろ探してみてくださいね。

技の種類や音が多すぎてさすがに今回のこの記事ですべてを取り上げることはできません。

ので、まずは一曲簡単な曲を演奏するのに必要な技術などを紹介してみますよ( *´艸`)

まずは完成させよう一曲!!

上記の動画はTOMOKINさんの「STAND BY ME」です。

必要な技術は、

・バスドラム

・喉ベース

・ハイハット

・リムショット

です!!!

ヒューマンビートボックスは本当に奥が深すぎてどこから手をつけていいものやらわかりませんが、練習すればきっとうまくなる!らしいです。

会社の忘年会やサークルの余興から、就活まで幅広く活躍間違いなしの技術ですよ(^^)/

そして、今回紹介したのはほんの一部です。

もっとすごい動画とか転がりまくっているので検索して実践してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る