夢の見つけ方-何をすればいいかわからない人へ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の見つけ方の前に、夢ってそもそも必要なの?

このテーマはぜひ友人と一緒に話してみてほしい。近くの友達や会社の同期とこんな話題を出したら夢見がちなふわふわしたやつだと思われるかもしれない。

しかし、私が実際に友人と語ったときには以下のようなことが浮かび上がってきた。

スポンサーリンク

 

まずは、

「夢は必要ない派」:夢がなくても生きていけるから無理に見つける必要はない。

「夢は必要派」:夢があれば目標に向かって頑張れてイキイキできる。

 

両社ともに納得の意見ですが、夢が必要ない派の人もあったほうがいいに越したことはないとのことでした。

自分なりの経験とか、引き寄せの法則とか、夢を叶える系の本を読んでて思うのは以下の二つは絶対確実なのではということです。

①自分の考えたことしか実現しない(考えもしない夢は叶わない)

②夢や目標がある人は輝いている

つまり、今よりももっと楽しく過ごすには「夢」ってあったほうがいいのではないかと思います。

 

3つのステップで夢を見つける

①自分が過去に楽しかったことを書き出す

たとえば、私の場合だと楽しかったのは、

・サプライズバースデーの企画

・学祭の実行委員会

・一人旅

・人との新たな出会い

、、、などです。みなさんはもっと一杯書き出してくださいね。

 

②過去に楽しかったことの共通点をキーワードで書き出す

①の挙げたことからするとキーワードは、

「笑顔」「喜び」「未知」「出会い」などになりそうです。

 

③自分の趣味・特技を書き出す

趣味:ダイビング・ダーツ・カラオケ・読書

特技:野球・好奇心

などなどです。なぜこの趣味が好きなのかとか自分自身に問いただしてみて自分自身の本当にやりたいことを浮き彫りにしましょう。

 

④キーワードに当てはまるような仕事を探す

「職業図鑑」というサイトを使用させていただきます。

http://aaaaaa.co.jp/job/

ここからは、②や③でやった作業の集大成です。

片っ端から見ていきましょう。その中で少しでも気になるものがあればとりあえず書き出しましょう。

それらを後で精査していきます。精査していくときにはネットで実際にはどんな仕事なのかとかを深堀します。

ちなみに私は「絵本作家」が気になりました。

絵が下手だけど、老若男女問わず伝えたいメッセージや、世界にはこんな面白いことがあるよ!って伝えて、笑顔を増やせるような気がしたからです。

みなさんはどうだったでしょうか?

なかなか自分と向き合う作業は大変なことですが、この記事が夢を見つける一助になってくれたら本当にうれしいです。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る