遊びも仕事も勉強も!集中する方法6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あー集中したい!!!

そんな風に思う時が誰しもありますよね。

例えば、遊びの中には集中力を要求するものもありますよね。

漫画を描くとか、なにかものづくりをするとか。

はたまた、仕事で集中して終わらせたいとか。

勉強に集中して受験に受かりたいとか、資格を取るために集中したい。

などなど!!

そんな誰もが求める集中する方法6選を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

①イヤホン、耳栓などで音を遮断する

これは本当に効果がありますので試してみてください。

なんか気が乗らないなという時は、音楽を最初の30分くらい聞きながらやっといて、集中して逆に音楽が邪魔になってきたら音楽を止めるという手段も取れます!

テレビや携帯やあらゆる環境から自身を隔離できるこの手段が個人的には最強だと思っています。

 

②とりあえず10分だけやってみる

やる気を科学すると、やる気というのは、やる気が出るのを待つのではなく、何かをやっているうちに出てくるものらしいです。

つまりは、とりあえずやってるうちにやる気が出てくるということですね。

我慢して最初の10分を乗り越えましょう。

 

③ガムを噛む

ガムを噛むと咀嚼行為が脳を活性化させる効果があります。

野球選手とかがよく試合の時にガムを噛んでますよね。

あれも集中とかリラックスの効果を引き出すためのものです。

 

④タイムリミットを設けてやる

例えば何時までやる、とか。1時間今からやる。

という風に決めると集中力を高めることができます。

試験前になると勉強を詰め込むことが可能になるのと同じで、火事場の馬鹿力的なやつです。

 

⑤デスクライトを使う

光が視神経に刺激を与えて目を覚まさせて覚醒させる効果があり、集中しやすくなります。

 

⑥腹式呼吸

おなかの少し下を手で押さえて、おなかが膨らんだりへこんだりするのを感じながら、ゆっくり息を吸ったり吐いたりするのを数十回くらい繰り返してみましょう。

頭が少しすっきりしてくることがあるはずです。

 

以上、6選でした!ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る