最高のスリルを求めて!バンジージャンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンジージャンプといえば、あの芸人が罰ゲームてきな感じで飛ぶアトラクションですが、やっぱり怖いし自分はできないな、、と思っているかたもいると思います。

もちろんそういう方にはお勧めしません。

しかし、スチールドラゴンやFUJIYAMAなどのジェットコースターが好きで、かつその刺激で物足りなくなっているならバンジーしかない!!

スポンサーリンク

ということで、まずは

バンジージャンプの種類

①普通のバンジー

腰にひもをつけて飛びます。オーソドックスな一番よくあるやつです。

 

②タンデム

二人で飛ぶ方法です。カップルでいけばドキドキが止まらない!笑

 

③逆バンジー

上から下でなく、下から上に飛びます。

延ばしたゴムのちぢもうとする反動で浮き上がります。

 

④ひもなしバンジー

よくヤンキー漫画で見かけたりするやつですが、実際にありますよ。

下にはネットがあるので死にはしませんが、痛いです笑

 

バンジージャンプの魅力

①空を飛んだ気分が味わえる

生身で宙を舞う感覚は、宇宙に行くよりも手軽に無重力が味わえて一瞬ですが全てから解放されたような気さえするかもしれません。

 

②最強のスリル

なんと日本最大ともなると、100メートルほどからのフリーフォールになります。

有名なのが、竜神大吊橋というところでシーズン常設場所としては最大級です。

 

③ネタになる

「実はバンジーを飛んだことがある」

この事実だけで、食いつきは半端ないはずです。

 

バンジーの価格

だいたい10000円~20000円くらいです。

ちなみにバンジーできる場所は郊外が多いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る