家でできるダンストレーニング!基本が結局一番大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でできる練習にはどんなのがあるか?

①筋トレ

②ストレッチ

③アイソレーション

④リズム取り

①、②ももちろん大切ですが、今回はダンスに直結する③、④についてお話しします。

スポンサーリンク

アイソレーションとは?

アイソレーションとは、「分離」という意味です。

普段の生活では要求されない個々の身体のパーツの動かし方を練習することです。これができないとダンスにメリハリがつかず、かっこいいダンスになりません。

主によく行われるのは「首・肩・胸・腰」です。

①首のアイソレーション

まずはこちらの動画をごらんください。

ポイントは、首と一緒に肩や身体が動いてしまわないことです。

練習順序としては、左右前後をそれぞれ練習したら時計回りと反時計回りの順で首のアイソレーションができるように練習しましょう。

なれてきたら速度もあげてください。

 

②肩のアイソレーション

肩のアイソレーションは

・前後の習得

・上下の習得

・前後回しの習得

・水平ロールの習得

です。

動画を見ながら練習してくださいね。

・前後のアイソレーション

・上下のアイソレーション

・前後回しのアイソレーション

・水平ロールのアイソレーション

③胸のアイソレーション

目標は前後を躍動感あふれるメリハリの効いた動きをすることです。

こちらの動画をご覧ください。

④腰のアイソレーション

前後左右と、時計回り、反時計回りをスムーズに動かせるようにしましょう。

このトレーニングは綺麗なウエストをつくるのにもうってつけです。

こちらの動画をご覧ください。

 

リズムトレーニングとは?

名前の通りですが、アップやダウンといった基本動作をリズムに合わせて踊るだけでもダンスっぽくなります。つまりは要の動きとなるので、身体に徹底的に覚えさせる必要があります。

・アップ

・ダウン

 

上の動きのアップと、下の動きのダウン。いつでもどこでもできる練習ですので、ぜひ習慣化してみてください。

 

今回紹介したのは、練習の基礎の基礎であるため、できるようになったらより高度な基礎トレに挑戦していってください( *´艸`)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る