リアル忍者になる!パルクール・フリーランニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パルクールとは?

一言でいうとかっこよく、かつ効率よく移動する方法です。映画アクションのスタントのようなことをガンガン決めていきます。また、フリーランニングと似た部分が多いため混同されることが多いですが、フリーランニングはアクロバットな技をもっと盛り込んでエンターテイメント性を高めたものです。たとえば、移動中にガードレールをジャンプして通過するのは時短になりますが、バク転して移動するのは効率が悪いので、パルクールには含まれません。つまり、

パルクール+アクロバット=フリーランニングです。

極めたらとてもモテる予感がするスポーツです。笑

しかし、「筋力」「度胸」「身体能力」全てがないと大けがをする危険性もありますので、少しずつレベルを上げていってくださいね。

 

スポンサーリンク

パルクールの技

基本の技は5つです。

①ヴォルト

「障害物を乗り越える技」です。たとえばガードレールをジャンプしたりですね。イメージは以下の動画で、わかりやすく説明されています。

この技はなにげなく日常でやってみたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

②ウォールラン

「壁をよじ登る技」です。具体的は壁を蹴って、普通のジャンプでは届かないところまでしがみついて登ります。本当に忍者みたいです。

 

③クライムアップ

ヴォルトのもっと障害物が高いバージョンです。もちろん体の使い方も異なってきます。壁にしがみついて筋力と反動で一気に登るという感じです。

 

④プレシジョン

「衝撃を受け流す着地の技」です。身体のバランスを空中で崩さずに、かつ膝を柔らかく使って衝撃を受け流します。動画では小さい鉄レールの上などに着地していますが、最初はちゃんと幅広なところで練習してくださいね。

 

⑤バランス

「細い道の上を移動する技」です。サーカスの綱渡り的な感じですね。

動画のイメージです。

 

パルクールの魅力

パルクールの魅力、それは「日常すべてがスポーツになる」ということです。

道路を歩いていて、ガードレールがあればヴォルトで乗り越え、少し高くなっていて、かつ幅が狭い道があればバランスで歩く。そんな風に日常が遊びに代わっていったら楽しそうですよね。そこがパルクールの魅力だと私は思います。

ぜひ日常にパルクールを取り入れてみてくださいね( *´艸`)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る