手相を書いて宝くじを当てる!-島田秀平式-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手相とは?

まずは手相について簡単にお話しします。

信じる人も信じない人もいるかと思いますが、そもそも手相というのは「統計学」的に「こんな手相の人はこんな傾向がある」というようなことを根拠としています。

その前段としては、全てのことには意味があるようなことに基づいています。手になんの意味もなく人それぞれにしわが違った形で表れていることには何か意味があるはずだという観点ですね。

スポンサーリンク

食生活が悪くなれば内臓を悪くしますし、イライラし続けれていると顔にもしわが増えたりするので、手相に何か意味があるというのはある程度確かなように思えます。先ほど言ったように手相学は統計的な傾向でもあるので尚更です。

そして、その手相は自分で書いてもいいという説があります。これには賛否両論あると思いますが、解釈としてはゲームの裏技みたいなものでしょうか。笑

こうすれば理屈は分からないけどそういう風になるようになっている、みたいなことですね。

 

宝くじを当てる手相

それでは手相には意味があるかもしれないと述べたところで、さっそく宝くじが当たる手相についてです!!

ズバリ、島田秀平式でいうと

・神秘十字

・スター

を書けばいいみたいです。

download

ものすごく下手な絵ですが、上のやつみたいな感じです。色は黒のマジックとかで大丈夫です。

左手が先天的なもので、右手は後天的なものとか言われてますが、とりあえず両手に書けば大丈夫です。

ちなみに島田さんの本はこちらです。

宝くじ実験方法

そもそもなぜ宝くじにするのか?

額がでかいからです!!!どうせなら人生変わるくらい当てないと。競馬の方が確率は高いですが、やはり「億」を当てたいですよね。

そして宝くじにも色々種類があれますが検証しやすいのは定期的に開催されるもので、しかもどこでも買えるものです。

なので今回はロトシックスを買うことにしました。

ロトシックスならネットで変えて、かつ月木発表です。

選び方としては、トランプを用いて以下のルールでやります。

数字は1-43選べて6ペア作らないといけないので、2枚1セットとして

1回目:10の位(5以上もしくは、絵柄札は0扱いする)

2回目:1の位(10以上は0扱いする)

こんな感じで適当に数字を手相を書いた手で引きます。

ちなみに何回分を買うのかということもトランプで選びました。

とりあえず2016年8月30日に5回分を同じセットで書いたので結果はまた追って更新していきたいと思います!

信じるか信じないかはひとそれぞれですが、こんな娯楽がある方が人生は面白くなりそうじゃありませんか?

<追記>

9/1:記念すべき1発目は1つ数字が当たりました!確率6/43

9/5:2回目も1個あたりました!

9/8:今回は1つもあたらず!でもなぜかすごくあたるような気がしています。

毎週2回のお楽しみです(´・ω・`)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る