大阪人が選ぶほんまにおもろいギャグ漫画5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中に面白いマンガは沢山あって、面白いマンガを沢山勧めてくれている記事もあってありますが、沢山勧められても中々読むひまがないよという人もいるかと思います。

なので、ギュギュっと絞って6選だけ本当に笑えるギャグマンガをお勧めしていきます。

それでは5選です。

スポンサーリンク

①ぐらんぶる
ぐらんぶるはバカとテストと召喚獣の作者が原作です。見る前はなんか絵がRAVEっぽいな、って思ってるだけでした。しかし、よくよく見てみるとギャグ漫画であることがわかり、ならば見るしかないと!
実際見てみたらめちゃくちゃ面白い!
おバカな大学生が繰り広げるハイテンションなギャグ、ずれてる会話、しかも絵が綺麗。
そして、ダイビング好きな人にとってはたまらないダイビングを題材にしているということ。
この漫画をみたら間違いなく大学生に戻りたくなったり、ダイビングをしたくなったりするのでご準備を。
現役大学生の方はもっと大学生活を楽しくしたいと思うことでしょう。

好きなセリフシーン
「嫌です!俺は諦めません」
「いったい何がお前をそこまで突き動かしているんだ?」
「恥ずかしながら性欲です」
「本当に恥ずかしいな」
というシーンです。このセリフと綺麗な絵での真顔が最高なのでぜひチェックを。
社会人の方はこれを見て、癒されると思います。(体験談)

魅力まとめ
①ハイテンションギャグとテンポ
②ダイビング
③綺麗な絵

 ②ひなまつり
正直この漫画のこと全然知らないままで、面白い漫画探してたらぶち当たりました。
やたらと高いアマゾンの評価にこいつは何かある、、そう思って見てみたら、、
面白い!!!
絵がめちゃくちゃうまい訳ではないけど、シュールな顔の書き方がうまい!
そして、話の展開自体も面白くてみんなキャラが立ってます。
そして、泣ける話も入ってくるというてんこ盛り加減です。

好きなセリフシーン
「おいおい瞬殺だよ」

このマンガは雰囲気と顔芸が多いのでぜひ直接このシーンをお探しください笑

魅力まとめ

①絶妙なシュール

②キャラ立ちのすばらしさ

③何度でも見たくなる中毒性

③世紀末リーダー伝たけし
トリコの作者が書いていた漫画です。
ジャンプ掲載の作品でしたが、下ネタのレベルが小学生級です。
しかし、それだけで終わらないのがたけし。
言い回しや、言葉遊びみたいなものが気持ちよくなる、そんな作品です。

皮肉なセリフをテンション高くいって笑いにするところもたけしワールドだなというかんじがします。
バトルあり、泣ける話もあり。だけどやっぱりこの漫画はギャグの回が一番好きでした。笑

好きなセリフシーン

「うわっとこれはゴン蔵くん、オーバーヘッドかーーーー?!」

「ああーゴン蔵くん」「サッカーセンス抜群だあーーーー!」(オーバーヘッドが全然違うところで行われている)

魅力まとめ

①たけしワールドに引き込まれる

②ギャグの勉強になる

③頭をからっぽにして見られる

④月刊少女野崎くん

この作品はアニメから入ったのですが、青春かつ優しくて面白いギャグが展開されます。主人公は高校生男子の少女漫画作家で、ヒロインはその同級生の女の子です。ヒロインの女の子は主人公が好きなのですが、主人公は一向にその気持ちには気づかない。その設定自体はよくある設定ですが、少女漫画を描く主人公が常にマンガのことを考えていて天然なのではちゃめちゃになります。

会話のちょっとしたすれ違いとか、ノリ突込み、みんな少し変わったところがあるけど憎めないところなど愛すべきマンガです。

好きなセリフシーン

「ご近所さん、だよね。ど、どんな関係なんだろう。貸し借りするって仲いいよね。お醤油かな、、お塩かな、、」

「どうもありがとう(墨汁を渡されている)」

「どんな関係?!」

魅力まとめ

①必ずオチがしっかりしている安心感

②キャラたちがみんな愛しい

③4コマ漫画型式で話が進むのでテンポがいい

 ⑤銀魂

いわずと知れたジャンプの長寿マンガです。

視聴者からクレームが来るのはあたりまえというスタンスで業界タブーや下ネタをバンバン出してきます。

バトル編も結構やってて、かっこいいと思うキャラもいますが基本はごく少数を除いて何かしらのギャグ要員です。

面白い回の時はめちゃめちゃぶっ飛んでたり、ブラックすぎです。

マダオというキャラがいるのですが、この人が出てくるときはブラックな回が多くなりますので、ぜひともマダオ回をご覧ください。

あと、銀魂の特徴としてはなんだかんだ最後はいい話にまとめようとする傾向にあり、不覚にも涙が落ちそうになります笑

好きなセリフシーン

「1日目マダオはまだ芽が出ない」

(ホームレスであるマダオを小学生である大五郎君が拾ってきたお話です。)

魅力まとめ

①なんだかんだでいい話になっちゃう話

②敵を恐れないブラックなギャグ

③緩急ついた様々なパターンのギャグ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る