やりたいことがわからない人が今すぐやるべき4STEP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やりたいことを見つけるには今まで通り同じではきっと見つかりません。

なので、今からの4STEPを試してみてください。

4STEPの手順は以下の通りです。

STEP1:5つの方法で「自己分析」

STEP2:枠に縛られず様々な仕事を「知る」

STEP3:自己分析・興味に従って「絞る」

STEP4:実際に「体験」

スポンサーリンク

STEP1:5つの方法で「自己分析」

①自分の「エンジン」を過去から探す

人の性格は十人十色。どうしても価値観が合わない人とか、逆にものすごく自分が惹かれるものってありますよね。

それは当然のことで、人それぞれ生きてきた環境や生来の性格で自分のテンションがあがるものの傾向というのは決まっています。

そのテンションの上がる自分が出てくるエンジンを過去の思い出から発見してみてください。

具体的には、過去に自分が心から楽しかった・好きなもの・感動した・記憶に色濃く残っているものを最低でも5個以上考えてみて下さい。そして、その共通点を探します。

例えば今あなたが思いついた心から感動した思い出が以下の5つだったとします。

・タイでのボランティアで子供に勉強を教えるのが楽しかった

・色々バイトをした中で塾が一番楽しい

・部活で恋愛相談を受けたとき楽しかった

・受験勉強が楽しかった

・学祭実行委員会では縁の下で支えるのが楽しかった

などなど。この5つからうかがえる自分の興味・得意分野は、

「教えること」「支えること」が軸になります。

このような形で自分の得意なことを洗い出してみてください。それは自分のやりたいことを見つけるヒントになります。

 

②人から自分の長所を聞く

これは①で挙げたようなことを自分の内側ではなく、外側の客観的意見として発見していく方法です。

自分で気づいていない自分の得意が見つかる可能性があります。

ぜひ複数人に聞いてみてください。

 

③手相で知る

手相には自分の性格や人生などが刻まれているといいます。

自分の性格を知る手助けとしてよっぽどの拒否経験がなければ普段やらない自己分析の手法として見てください。

手相はオカルトではなく、統計学の一種です。

わたしも試してみて結構あたってるなという実感を得ています。

参考書としては、以下の本をおすすめします。

 

④算命学で知る

算命学とは、生年月日から自分の死ぬまでの性格や運命を統計学的に示唆してくれるものです。

生年月日から自分のことを少しでもしれるのでぜひチャレンジしてみてください。

下の本を使えば簡単に調べられます。わたし自身と同僚の分も見てみましたが結構あたってるところもありました。

⑤お店で占ってもらう

③や④とかぶるところではあるのですが、お店で見てもらうというのも必要かと思い入れてます。

新宿や横浜には1000円で手相を見てくれるところもあるので、自分の力だけでは中々難しいと思ったときには行ってみてください。

長年人をみて商売している方たちなので、きっと良い示唆をしてくれますよ。

 

STEP2:枠に縛られず様々な仕事を「知る」

ここまで自己分析をしてどんなことが向いていそうで、どんなことが逆に向いていないのではないかという見当はつくようになっているかと思います。

しかし、わたしたちが知っている仕事というのは実際には本当に少ない。

なので、まずは窓口を広げましょう!

下のサイトから全部とりあえずみてください。それでも足りないかもしれませんが、とにかく知識を広げましょう。

職業一覧

 

STEP3:自己分析・興味に従って「絞る」

さきほどのSTEP2で調べた職業の中から例えば10個とか複数個きになる職業をリストアップしてください。

または、以前から少しでも気になってるものがあればそれも自分の現在の能力とかは気にせずに書いてください。

 

STEP4:実際に「体験」

ここまでで何個か候補は上がった状態ですが、実際に試してみなければわかりません。

なので、以下の方法などでなんとか体験できないかどうかトライしてください。

・ボランティアからはじめてみる

ex)インストラクターになりたいなら土日限定でお手伝いさせてもらえない直接経営してる人にお願いしてみる。

・バイトからはじめてみる

ex)バイト募集があるならそれが一番早いです。張り紙やWEB上に乗ってなくても雇ってくれることもあるので、直接バイト募集してないか聞いてみるのも一つです。

・体験ツアーに参加する

以下のようなサイトで自分の興味のある仕事があればすぐさま申し込んでください。

仕事旅行

何個か方法を列挙しましたが、結局のところはやりたいことは何なのかということに対して本気で取り組まないと見つけることはできません。

何歳からだって遅くありません。

「本気でやりたいことを探す時期」を作りましょう(^^)/

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る