なぜ世界一周をするのか?どんな旅にしたいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ世界一周をするのか?

世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対して、社会から逃げの姿勢になっているだけではないのかと懐疑的になることも有るかと思います。

私もそうです。

しかし、やりたい気持は本物のはずです。その答えはきっと自分の中にしかありません。

今回は自分なりに世界一周をする理由を考察してみることにしました。

悩んでいる方に少しでも助力になれたのならうれしいです。

スポンサーリンク

 

一番はじめ世界一周をしたいと思ったきっかけ

小中高と特に夢などなかったのですが、大学に入ってからはじめてアジアにバックパッカーに出かけたときにすごく面白いと感じました。

そこから旅関連の本を買ったり調べたりしているうちにどんどん世界一周という価値観が膨らんできました。

また、このころに自分が生きる理由とか最終的にやりたいことがなんなのかを考えたときに、

世間一般の幸せとされる結婚をして幸せな家庭を築いてサラリーマンとして勤め上げるという生き方に対してあまり魅力を感じないなと思ったんです。

もちろんいつかは結婚をして子供ができて、幸せに暮らしたいとは思いますが、この世の中にある面白いものをほとんど見ずに死んでいくのは嫌だと思ったんです。

 

死ぬときに何を想うか?

死ぬときにどんなふうに自分は想うか、という観点からも考えました。

その時に、「世界一周」をもしもできずに死んだら後悔するだろうなというのが一番に浮かびあがってきました。

逆にサラリーマンとして最後まで勤め上げて幸せな家庭を作れたとしても、満足できないだろうなと。

じゃあそれをいつやるのか?を考えたときに、年次があがるほど仕事は多くなっていくし責任も大きくなります。

ならば、できるだけ若いうちに行って死んで後悔する前に行くほうがいいと思いました。

 

世界一周をするメリットを本気で考えてみた

、、、といっても自分なりにですが。

①次にやりたいことが見えてくる可能性がある。

今は世界一周が一番やりたくて、それ以外に大きな夢のようなものがありません。

まずは最初のこのやりたいことをクリアしなければ一生そこでモヤモヤととどまっている気がします。

例えば80才で死ぬとして、

20代で世界一周すれば死ぬまでの50年間を世界一周という夢は終えた。次は何をしよう!と考える自分になれます。

いっぽうで、定年後まで我慢するという道を選べば60才になるまではずっと「世界一周したいけどそれまでは我慢しよう」という自分のまま過ごさなくてはなりません。

また体力的にも若いほうが無茶な旅も可能です。社会的にも旅で刺激を得て起業をしたくなったから起業する!という可能性が広がります。

 

②日本以外で暮らすという選択肢が広がる

日本で安定的にサラリーマンとして暮らしているだけでは、それ以外の生き方は見えてきません。

どんなに本を読んでもきっとそうだと思います。

コンフォートゾーンという自分が知っていて安らげる領域でしか物事を測れないからです。

世の中のストレスで倒れそうな日本人はきっとそれ以外の生き方はないとおもって日々頑張っている方だと思うのですが、

もしも我慢しなくても楽しく暮らせるセカイがあると知っていたなら「イマ」の生活を続けないのではないかと思っています。

 

③価値観が広がる

自分自身の常識はほかの国の人からしたら非常識です。

だから、一度自分自身の価値観を壊してどんな状況でも生きていけるという自信をつけて生きたいと思います。

そして、その価値観を身に着けた自分になっているのが20代であるほうがそれ以降の人生を生きる上で得するなとも思います。

 

④素晴らしい景色に出会える

見たい見たいといいつつも見ずに死んでしまうことが最もやりたくないことです。

「やりたい・見たい」と口だけで終わってしまうことがなく生きていけるのは自分にとって幸せです。

また、こんな素晴らしい景色があったよと知人に話したり、旅人仲間と共感できたりする人生は最高だと感じます。

 

どんな旅にしたらいいのか?

ここまで書いてきて旅でやるべきことは「現地の人の暮らし・仕事を体感する」「現地の人と沢山話す」「見たい景色を全部見る」

ということです。

なので今やるべきことは、

・話したい国の人を調べておく

・話せるように語学を勉強しておく

・見たい景色をリストアップしておく

のとりあえず3点で、これをまとめると旅のコンセプトは「現地で仕事を手伝わせてもらいながら旅をする」が人とも話せて仕事の価値観も知れていいのかなと思っています。

まだまだ固まりきっていないですが、文章にしているうちに「やっぱり世界一周したい」という気持ちと、やるなら早いほうがいいという結論が出せました。

もしも私と同じように迷っている方がいたらぜひ文章にしてみてください。

「世界一周をしたいと思ったきっかけ」「死ぬときに何を想うか?」「世界一周のメリット」の3点をかけばかなり整理されてくるかと思います。

いつかこのブログを見てくれている方と旅の話ができたなら本当に幸せです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

最新記事

  1. みなさん人志松本の○○な話ってご存知ですか? 人志松本のすべらない話は有名すぎて最早日本には知らな…
  2. 10000時間の法則って? 10000時間の法則とは、その道のプロになるのにかかる時間の目安が10…
  3. なぜ世界一周をするのか? 世界一周をしたいと思う自分となぜそれをしたいのかを説明できない自分に対し…
  4. 「snap martとは?」 2016年6月1日にできたばかりの新進気鋭のアプリです。 このサイ…
  5. なにか自分にもできる副業はないかと想いながらもなかなか難しそうだったり続かなそうに思っている方多いの…

Twitter フォローはこちら

ページ上部へ戻る